noimage

「プレイボール」

小雨が降り、霧が漂う、広いグラウンド。
バッターボックスからは、
かろうじて内野手辺りまで見える。

外野手にいたっては、
寝転がってビールを飲んでいても
誰からも気づかれることはない。

「ライト、ライト」

声だけを頼りに、右翼手が走る。
でも、どこに走っていいか分からない。
右飛が捕れたかどうかも分からない。
それでも、彼らはプレーを続ける。

「気持ちで負けてたら天気には勝てない」
と誰かが言った。
気持ちで負けていなくても、
天気に勝てるとは限らない。

ただ、少なくとも、
彼らは最後までプレーを続けた。

5月2012年

Design / Photo

宇都宮 秀男